広報への転職について考えるべきこと

広報は、大企業では一部門として確立していますが、中小企業では総務が兼務しています。 広報だけに就職したいとなると、難易度は上がります。業界等により必要とされる知識やノウハウが違うので、中途採用となると難易度は更に高くなります。特にこの部門が会社の命運を左右する製造業やサービス業・流通業などでは同業種での経験が欲しいところです。 未経験者の場合、関連が深い職種はマーケティング・営業・経営企画者などです。中小企業で総務に就職し能力を磨いてからという道もあります。 この部門は社内に対しても、社内報を通じて経営方針を社員に浸透させたり、部署間の相互理解を促進させたり、社員間のコミュニケーションを増加させたりと会社全体をマネージメントする機能も担っていますので、未経験者が転職する場合はこの事をよく自覚して転職すべきです。